南山大学 D.Mさんからの口コミ

僕は将来、中学校の数学の先生になりたいという夢があります。家庭教師もそのための経験として始めたのがきっかけです。
そんな教え子も今年はもう受験生になります。

他のどんな子でもそうだと思いますが、僕にも褒めたり、叱ったり、子どものやる気が出たり、失くしたりと本当にいろいろな思い出があります。
中でも一番思い出に残ってるのが2年生の夏休み。お母さんからの依頼で週一回の授業を週二回に増やし「プチ夏期講習」というのをやりました。当然本人は大反対。
お母さんが一人で言うと子どもに反撃されそうだからという事で僕のいる前で本人にそれを伝えたのですが、あの時の子どもの今にも泣きそうな顔は面白くて忘れられません。(笑)
そんな感じで始まった夏期講習、本人も「お母さんを見返したい!」という気持ちがあったんだと思います。僕の想像をはるかに超える時間数を勉強に当ててくれて数学と英語は一年生のところまでほぼ完璧に仕上げました。
夏休み明けの実力テストは5教科合計、473点!!前回の期末テストに比べると5教科で100点以上のアップです。「嘘でしょ!?」と僕も全く信じられない点数でした。
実力テストだったんで期末テストに比べると点数を取りやすいにしても相当すごいと思います。当の本人も信じられなかったようで相当自信をつけてくれました。
それからは長期の休みが来る度に「プチ講習」をやっていますが当然そのたびに本人は憂鬱そうです。(笑)ただ家庭教師もあと1年です。後悔しないように僕も一生懸命教えていくし、本人にも頑張って欲しいと思います。