ADHDのお子さんとの接し方・指導方法


周りの子と比べて落ち着きがない、

いくら親が注意して、本人も反省していても、忘れものを繰り返す・・・

こういった症状のある子どもたちは、
ADHDと呼ばれる困難を持っているかもしれません。



ADHDとは

ADHD(attention-deficit / hyperactivity disorder )= 注意欠如・多動性障害


ADHDとは、小さい頃なら誰にでも見られる不注意や多動性・衝動性の行動
年齢や心身の発達と比べて改善されず、学習面や日常生活で支障をきたす状態をさします。


ADHDの特徴

  • 気が散って集中できない(不注意)
  • 落ち着きがなく、じっとしていることができない(多動性)
  • 考える前に、思いついたことをそのまま行動してしまう(衝動性)

ADHDのような困難を持つ子どもは、
「乱暴で幼い子・悪い子」と見られ、
保護者も「しつけがなっていない」と周りから思われがちです。


しかし、ADHDは決して子どものせいでも、親のせいでもありません。
環境や育て方の問題ではないのです。



大切なこと


ADHDの子どもたちに一番大切なこと、それは一人一人に合った適切なサポート。


症状を完全になくすことはできませんが、
適切な声かけ・対応をしていくことで
かなり改善することができます。


ADHDで困ったり悩んだりしているのは、子供も一緒。
子どもたちが自信を持って楽しく生活できるようにしなければいけません。


そのためには正しくADHDについて理解し、
保護者・教育機関がしっかり連携していく必要があります。



やってはいけない行動


何度言っても同じ失敗を繰り返されると、
ついつい怒ってしまうお母さんも多いのではないでしょうか?


しかし「怒る」「叱る」とではその影響が全く違います。
声かけをする時は細心の注意をしなければいけません。


NG行動

  • 一貫性のない叱り方
  • 長時間の説教
  • 感情に任せた言葉
  • 無視したり、突き放す
  • 体罰

一貫性のない叱り方だと「昨日までは叱られなかったのに、今日はなぜか怒られた」
となって子どもが混乱したり、ストレスが溜まってしまいます。


また、長時間の説教では子どもたちに「結局何が悪かったのか」が伝わりません。


諦めて「注意」や「叱る」のをやめてしまうのも絶対によくありません。

しかし、勢いに任せた言葉では逆効果!
叱る前に一度気持ちを落ち着けて、冷静に声をかけてあげてください。



短所を長所に変える!!


ADHDの有名人はたくさんいます。

バスケの神様マイケルジョーダン
オリンピックメダリストのフェルプス
イギリス元首相チャーチルなどなど・・・


彼らは、ADHDの短所を長所に変えていくことで成功しています。


改善すべき点はなおし、視点を変えて短所を長所にする。
それが本人にとっても、周りの人たちにとっても幸せになる一番の方法です。



勉強のやり方


ADHDを持つお子さんのほとんどは忘れものが多く、
それで成績を落としたり怒られるなど、たいへん損をしています。


しかし「忘れ物」はやり方次第でいくらでも改善することができます


「忘れもの」の改善策


まずは学校に行くのに必要な「持っていくもの」と「準備の手順」を大きく紙に書いて、
よく見えるようにしてください。


そして紙に書いた準備手順を元に、保護者の方が手本を見せてあげましょう。
次の日から毎日、一緒にやるようにして、
少しずつ子どもにやらせる部分を増やします。
忘れ物をしないよう、準備の習慣をつけてあげましょう。


※頭ごなしに怒ったり、単に「忘れ物をしないように!」と言っても意味がありません。
きちんと手順を踏む習慣をつけるよう、サポートするのが一番大切です。


授業の改善策


残念ながら、ADHDに対する正しい理解がなく、
サポートがしっかりされていない学校が未だにあります。


そのような場合には、ウチの子が悪いからしかたがない・・・と
諦めるのではなく、断固として主張していきましょう!


改善策の具体例

  • できるだけ黒板に近い席で授業を受けるようにする
  • 宿題の量を調節してもらう
  • プライドを傷つけないように、発言に気をつけてもらう
  • 教師二人体制での授業をしてもらう

家庭教師アイルの指導方法


ADHDのお子さんの場合、その子の個性に合わせた指導が最も重要になります。
共通して特に気をつけている点は以下の3つになります。

  1. 長所を伸ばし、やる気を引き出す声のかけ方
  2. わかりやすい学習計画の作成
  3. 集中して勉強しやすい環境づくり

ADHDのお子さんは、周りから怒られてしまうことが多く、
結果として自信ややる気をなくしていることがほとんど。


ですから私たちは、もう一度やる気を引き出し成果を出すことで、
子どもたちの自信を取り戻しています。


またほとんどのお子さんは、
先の見通しを立てて計画的に動くことを苦手にしています。


「何をすればいいか」の道筋を作り、わかりやすい指示を出して、
家庭学習の習慣をつけていきます。


最後に環境づくり
お子さんの集中力のなさを心配しているお母さん方も多いのではないでしょうか?

集中力は、余計なものや雑音を省き、できるだけシンプルな部屋を作ることで
いくらか改善することができます。