いろんな高校を知ろう!!

様々な高校から自分に合った高校を選んで下さい

たくさんの高校の中から、どの高校を選ぶのか?志望校を選ぶ事はその後の人生を左右する非常に重要な事です。ただ一言で高校といっても公立高校、私立高校、また全日制、定時制、単位制、通信制、男子校・女子校、共学校などと色んな分け方があります。illust_17.jpg

どのタイプの高校が自分に合っているのか?
その高校では何をしたいのか?(部活・学べる事等)

それぞれの高校をよく調べて、自分に合った学校を探してみて下さい。


岐阜県の高校情報


志望校の選び方

公立高校・私立高校

公立高校を受ける場合は、岐阜学区、美濃学区などといった学区制度があり地域割りをしているので学区内でどの学校を選ぶかということになります。(岐阜の場合、居住する学区と隣接する学区の高校も受験可能です。)

私立高校の場合は、学校の独自の教育方針があり、各学校がそれぞれの特色を打ち出しています。ほとんどの私立高校では、学校案内のパンフレットを作成しているため、学校に問い合わせたら快く送付してもらえます。ホームページやパンフレットをよく読み、学校見学等も積極的に参加し施設・設備も含めて、学校環境をよく見て受験するかを判断してください。


高校の教育方針

その高校では具体的にどんな教科・科目を、週何時間勉強するのかという事も大切です。
例えば、学科によって履修する教科や時間が違うなら文系(英語、国語、社会)中心のカリキュラムなのか、理系(英語・数学・理科中心)中心のカリキュラムなのか、ということです。
特に専門学科では商業科、工業科、農業科、芸術科、総合学科など、様々な学科がありますが、例えば同じ工業学科でも学校によっては専門的に学ぶ内容には差があります。もし、学びたい科目や技術がハッキリしているならどんな科目を週何時間勉強するのか?という事まで知った上で高校を選べたら間違いないですね。
将来就きたい職業により近い学科がある高校を選ぶ事は、充実した高校生活を送る第一歩となります。


通学時間
illust3.jpg

どんなに「行きたい!」と思う高校がみつかっても、3年間通うのですから通学時間も十分に考慮する必要があります。

特に私立学校は、他府県にも通学できますが、あまりに遠い学校を選んでしまうとその後の学校生活にも影響します。部活動、勉強の時間等、時間的な負担を考えて無理のない通学範囲内で高校を選んで下さい。