長文読解のコツ

illust35.jpg

高校入試にはよく出題される長文読解の問題ですが、最近の中学の定期テストでは会話文の問題が多い傾向にあるため、なかなか長文読解の練習をする機会がないのが実情です。
しかし、長文読解はしっかりとコツをつかんで取りかからないとすごく時間がかかってしまうため、、普段から長文読解の練習をしておかないと、いざ本番で「最後まで問題が解き切らなかった!!」という失敗をしてしまいます。

ここでは高校入試のためにもマスターしたい、長文読解のコツを紹介します。

長文読解が苦手な子の悩み

長文読解が苦手という生徒は非常に多いです。長文読解が苦手な子の悩みとしては

  • 「一文一文を読むのに時間がかかって、読んでいるうちに最初の方を忘れてしまう。」
  • 「知らない単語が出てきたりするので、読めなくなってしまう」

という、"内容が読み取れない"というものが多いです。

確かに、ただでさえ好きでない英語を長々と読んでいくのは決して楽しい事ではありません。ただ、長文読解と聞くとすごく難しいというイメージを持ってしまう子が多いのですが、読んでしまうとその後に聞かれる質問は意外と単純なものだったりして、答えられる問題が多いのです。その問題を逃してしまうのは非常にもったいないので、長文読解は必ずマスターしておきましょう!


長文読解をマスターしよう!

長文読解の為に、まず注意しないといけないのは長文読解の問題が大体のテストでは最後の方に出てくるという事です。

テストの構成として一般的には最初方にリスニング、英単語や和訳・英訳の書きとり問題、穴埋問題や選択問題などがあると思います。しかし、それらの問題に時間がかかりすぎてしまうと、やっと長文読解の問題にたどりついたときには時間がなくて解けない!という事になってしまうのです。
先にも述べましたが、長文読解問題は読んでみると意外に解ける問題が多いのでそれが出来ないというのは非常にもったいない事です。

ですから、長文読解マスターの為の第一のポイントとして以下の事を覚えておいて下さい。

  • テスト用紙が配られたら、全体の問題をざっと見たら、時間の配分を意識して、長文読解の問題にちゃんと時間が割けるように問題に取り組む事!

長文読解 3つのコツ

長文読解のコツ 1

ではここからが本題です。
長文読解問題が出てきたら、まず長文を読む前に、その後に答える問題文から最初に読んで下さい。また、選択肢の中から答えを選ぶ問題があるなら選択肢の内容まで見ておいて下さい。
長文を読む前にこれをやることで、本文で何が話題になっているのかと、本文中で何を探さないといけないのかがわかるので、とっても読みやすくなりますし、ポイントを絞って長文が読めるので確実に長文を読みかえす作業が一回は減ります。


長文読解のコツ 2

問題文が読めたら長文を読む作業に移ります。
この時のコツは、本文の英文を一語一語、一文一文を丁寧に和訳しようとせず、文章全体でおおまかに内容を読み取る事です。
illust7.jpg 長文読解に時間がかかる子の多くは、問題文に関係のない英文まで必死に訳そうとしたり、重要でないような英単語でつまづいて時間をかけてしまう事が多いのです。
長文読解で大事なのは最後の問題に答えられるかどうかですから、何も文章全てを完璧に理解する必要はありません。大きく間違った読み取りをしていないならば、『この英文を和訳しなさい』という問題でない限りは、答えに大きな影響はありません。

しかし、この文章全体でおおまかに読み取るという作業をなかなか出来ないという子が多いのも事実です。「だって、知らない単語がでてきたらわからないんだもん」こんな風に思っている子は次のコツを試してみて下さい。


長文読解のコツ 3

文章中に知らない単語があった場合、気にせずに飛ばしてとりあえず最後まで読んでみるのです。入試や定期テストに出る長文読解の問題は、長文と言ってもそこまで長い文章ではないので、その前後の英文から意味を推測して考える事が出来るのです。
普段から、英語を読むときに辞書に頼ってしまう、意味を完全に把握しないと次に進めないと考えるほど、全体の意味を理解する事が出来にくくなってしまうものです。
illust28_1.jpg 辞書を引いたり、単語を調べたりする事はいい事ですが、長文読解の練習をする際は、一度辞書に頼らず読んでみましょう。そこで、意味がわからず読み飛ばした単語には、チェックをしておき、「大体こんな事を言ってるのかな?」というメモ書きをしておきます。
そのあと、わからなくて飛ばした単語の意味を調べて、再度本文を読みなおします。そうした時に最初に読みとった意味と比較してみて下さい。こうすることで、自分がどのように読み間違えたかとか、どんな構文でその意味になるのかがわかってきますよ。


長文読解のポイントのまとめ:

  • 長文を読む前に、その後に答える問題文から最初に読むまた、選択肢の中から答えを選ぶ問題がある場合選択肢の内容まで見ておく
  • 本文の英文を一語一語、一文一文を丁寧に和訳しようとせず、文章全体でおおまかに内容を読み取る事
  • 知らない単語は前後の英文から意味を推測して考える

長文読解の練習は教科書の文章でもいいし、問題集や高校入試の過去問でも構いません。 色々な長文問題に触れて、本番でもスムーズにできるよう慣れておきましょう!



勉強のコツをもっと実感できる!無料体験学習のススメ

家庭教師の体験学習

「長文読解の仕方はわかったけど…私数学も苦手で…」
「勉強のコツって…?読むだけではよくわからなかった。」

そんな風に思った生徒さんもいると思います。
そんな生徒さんにはアイルの無料体験学習をお勧めします!!


無料体験を受けるとこんなメリットがあります!

  • お子さんにピッタリ合った勉強のやり方がわかる!
  • 一日たった7分から出来る勉強のコツがわかる!
  • 受験やテストの仕組みがわかるから無駄な勉強がなくなる!
  • 無理をせずに家庭学習の習慣を確実に身につける方法がわかる!

と…ここでは挙げきれないメリットが盛りだくさん!!
体験で実際に「勉強のコツをつかむとはどんなものなのか?」実感してみませんか?
無料体験の詳細については以下のバナーをクリック!!


家庭教師の無料体験申し込み