小中学校の指導方法、先生苦戦中…?

~「ポイント絞って指導する」63.5%~

新学習指導要領が4月から小学校で、その1年後には中学校で全面実施され、教える内容が増えることは、以前のアイルの教育ニュースでも記載させて頂きました。その対策として現場の教師は「ポイントを絞って教える」「授業の進度を速める」などを考えていることが、ベネッセ教育研究開発センターの調査でわかりました。

調査は昨年8~9月に実施され、公立小中の教員5515人の回答を集計したところ、「ポイントを絞って教える」という回答が最も多く、小学校で63.5%、中学校で60.6%でした。

次いで「授業の進度を速める」が小55.4%、中34.5%。「家庭学習指導を強化」は小28.7%、中30.2%。「宿題などを増やす」小23.3%、中16.5%と続きました。一方、「今のままで対応できる」とした教師は小9.8%、中21.0%にとどまったとのことです。

増加した内容を教室で十分に消化できなければ、児童生徒間の学力格差拡大につながりかねません。拡大の不安を感じる校長は、調査でも小70.7%、中63.8%もいました。


東海地方の学校では、授業をすすめる先生と補助の先生の複数体系にして授業を行ったりなどの授業体系の工夫を図っているところは多くあります。 生徒は授業内容が増えたことから、自主学習の時間の確保は必須になってきます。