50歳以上が3割超す

~教員高齢化、体力に不安との声も~

学校教員が全国的に高齢化していることが、文部科学省が28日に発表した学校教員統計調査の中間結果で示されました。

1980年前後に大量採用された教員が高年齢層の割合を押し上げています。ピークに達しつつあるとの見方もありますが、「子どもの指導にあたって、体力面で問題がでないか」との不安も出ています。

調査は3年ごとに実施されており、昨年10月1日時点の教員について調べられました。50歳以上の教員の割合は公立小学校で38.4%、公立中学校で34.0%で、それぞれ前回07年度の35.5%、28.4%から増え、いずれも前回調査から上昇。50代が35%以上を占める自治体は小学校で33府県、中学校で14都府県に上ります。

第2次ベビーブーム世代が小中学生となった80年前後に採用された教員が50代に達しています。一方で、定年や定年直前で退職する教員も出て、教員の平均年齢はほぼ横ばいで高止まりの傾向がみられます。