「ゆとり以前」教科書を復刻、教師に人気

~昭和の数学力めざせ~

子供の学力低下を招いたと批判される「ゆとり教育」。その脱却を目指し、来年度から中学校で実施される新学習指導要領を前に、ゆとり以前の昭和50年代前半の数学教科書が復刻され、現場の研究用教材として人気になっています。3千セット発行されこの手の教材としては好調な売れ行きで、出版社にも問い合わせが相次いでいるといいます。

復刻された教科書は、啓林館(大阪市)の「新訂数学」で53年から55年に使用されていました。昭和の高い数学力を支えた教科書のひとつで、「集合の概念」をはじめ、「不等式」「二次方程式の解の公式」など現在は高校で教える内容を収録しているのが大きな特徴です。

数学者の岡本和夫・東大名誉教授は「『新訂数学』は数学教育を構築した教科書といってもいい」と評価しています。同社の統合企画部小・中企画課の中嶋朋宏課長は「教育転換の節目に、これからの数学指導を担う若い先生方の研究用教材として復刻しました。現場の教員から多数の問い合わせがあり、ゆとり以前はここまで教えていたのかと、高い評価を頂いている」と説明しています。

復刻された「新訂数学」については、「単元ごとの導入部分が分かりやすく説明されるなど、日本が高い数学力を誇った原点ともいえる良質の教科書。特に若い教員に読んでほしい」と評価されています。

現在のゆとり教科書は不十分で、小・中学生の子供たちは数学を面白いと思えなくなっている部分があると思います。学力低下などとよく言われていますが、勉強がわかる楽しさを味わうことが出来れば、子供たちのやる気に繋がってくると思います。東海地方の先生たちにも呼んでいただき、授業内容の参考にしてもらえたら良いと思います。