学力テストは実施される?!

~希望校のみで実施へ 9月以降に~

東日本大震災で延期していた今年度の全国学力テストについて、文部科学省は25日、希望する学校のみを対象に9月下旬以降に実施する方針を決めました。26日にも公表し、全国の教育委員会に通知する予定です。昨年度は一部を抽出して実施しましたが、今回は被災地の事情を考慮し抽出方式を見送るとしています。


希望校には無償で問題を提供し、採点は学校や各教委に委ねる形をとります。結果は現場の指導に役立てるようにするものの、今回は国が全国平均や都道府県別の成績を集計して公表することはしない方針です。


文科省は実施時期を9月下旬にしたい考えだが、日程調整が困難な学校もあるため、学校や教委がそれぞれ日程を決定することも認めるとのことです。

学力テストは小6と中3を対象に国語と算数・数学の2教科で実施されます。今年度は全小中学校の約30%を抽出し、4月19日に実施予定でしたが、震災とそれに伴う原発事故の影響で、岩手、宮城、福島の3県の状況を考慮して延期していました。


学力テストに対する意見は「数年に一度の実施にしたほうがいいのでは」など、様々あります。東海4県の学校は、今回の学力テストを実施するのかが注目されます。