高校生「英語で授業」、大丈夫?

~変わっていく英語学習~

今年4月から小学校で新学習指導要領が全面実施になり、5・6年生で外国語活動(英語教育)が本格的に始まっていることを皆さんはご存知ですか?
小学校の英語教育導入と、高校の英語の授業形態の関係が、いま問題となっています。

新指導要領は英語に関して、小学校では「読む・書く」は教えず、コミュニケーション能力の育成に重点を置き、中学校と高校の英語では、コミュニケーション能力を中心に、読む・書く・話す・聞くという4つの能力をバランスよく習得させるとしています。
高校ではコミュニケーション英語Iが必履修科目(全員が受講しなければならない科目)になります(2013<平成25>年度の入学生から実施)。そのうえ、「授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とする」という内容になります。

英語教育関係者の間では、小学校でコミュニケーション重視の英語に接した子どもたちが、中学校に入ってから「読む・書く」の英語学習に強く戸惑うケースがあると指摘されていると言われています。
そのため、小学校で英語教育を受けた子どもたちにどう対応するかが中学校の大きな課題となっており、小中連携などの取り組みをとおしてさまざまな工夫が行われ始めています。
高校では、まだ小学校で英語教育を受けた子どもが本格的に入ってきていないため、いまだに「読む・書く」を中心とした授業が続いているのが実情なのです。

コミュニケーション英語を重点に置いてきた子どもたちが、高校入学後、大学受験に向けた「読む・書く」中心の授業で、英語嫌いになってしまう可能性も今のままでは、否定できません。小学校での英語教育を成功させるには、中学校と高校の英語教育、さらには大学入試まで、改革する必要がまだまだありそうです。