豊田市の小学生が32キロ歩く

~豊田・巴ケ丘小の5、6年生らが32キロ歩きました~

豊田市立巴ケ丘小学校の5、6年生ら32人が13日、紅葉を楽しみながら学区の全域約32キロを歩きました。

同校は2006年に、5校が統合して開校しました。
今回は旧校に1年だけですが通った6年生が卒業することや、開校5周年を記念して行われた模様です。コースでは廃校になった4校を休憩所にしました。
同校を午前5時40分に出発し、1年生から4年生はコースの5分の2まで参加しました。

小学生の中には、ゴールと同時に疲れや足の痛みで涙を流して母親に抱きつく子もいたようです。頑張りましたね。
子どもたちと一緒に歩いた校長先生は「来年からも継続していきたいですね」と話していました。