豊川市の中学生 使節団アメリカへ

~豊川市の中学生使節団がカリフォルニア州を訪問しました~

豊川市内の中学生使節団の出発式が22日行われました。

今回は中学2、3年生計16人が豊川市の姉妹都市である米国カリフォルニア州キュパティーノ市を訪問します。
市職員らは23日から30日まで、キュパティーノ市やサンフランシスコ市を訪ね、現地の人たちと交流する予定です。

豊川市は1978年度から中学生使節団を派遣していて、今年で32回目となります。
今回は旧小坂井町が2月に合併して初めての使節団で、小坂井中からも5人が参加します。

使節団は23日に成田国際空港から出国します。 現地では中学校に体験入学したり、ホストファミリーの家にホームステイしたりする予定で、 10月1日に帰国します。

出発式では、山脇実市長が激励の言葉をかけました。
また生徒を代表して中部中3年の早川帝さんが意気込みを語りました。

中学生のうちからこのような体験ができるのはすごくいい経験になると思います。
外国の文化に触れ、現地の学校やホストファミリーの家で生活することで、リアルな英語に触れ、勉強意欲に繋がるかもしれません。

英語が出来る人は「英語が話せるようになりたい」「外国の人と話したい」という強い思いがあるからだと思います。
中学生使節団のみなさんがいい思い出を作り、一回り成長できることを楽しみにしています。