犬山市の明治村が明治時代の文化について学講座をスタート

犬山市のレジャー施設明治村が明治時代の文化について学ぶ塾を開校

愛知県犬山市にある博物館明治村が今月から明治時代について学ぶ文化講座(明治塾)をスタートしました。

明治塾では明治の思想や、政治、産業、文化について幅広く知識を得られる場を提供します。
明治村はレジャーの多様化で入場者が伸び悩んでおり、向上心を満たしたいと考える層を対象にした新たな試みとしてテーマパークの特長を生かした「お勉強ビジネス」を開始しました。

第1回は5月の8日にひらかれ、約60人が参加しました。
名古屋市から来た50代の男性は「躍動感があった明治時代に関心がある。講師は一流の人ばかり。めった にない機会なので応募しました」と話しました。明治塾は8月以外は月に1回のペースで開催される予定で、全5回の受講料は1万円だそうです。

明治の文化講座「明治塾」では一流の講師が明治時代の建築や文化などをについて教授します。第1回の内容は近代数奇者の茶の湯と代したテーマでした。
今後や建築の事や鉄道の事も授業で取り扱っていくそうです。

歴史を勉強するときにただ重要事項を丸暗記するのではなく、歴史の背景や文化までしっておいたら、内容も興味がもてるし暗記もしやすくなっていきます。
こんな体験が出来れば勉強が好きになるきっかけになるかもしれませんね。歴史の勉強が嫌いだという小中学生もこんな風に内容自体に興味を持って見てはどうでしょうか?きっと勉強に対する見方が違ってくるかもしれませんよ。