名古屋市千種区の城山中学校の「城中NAVI」と題したガイドブックの発行を紹介

~城山中学校で、「城中NAVI」と題したガイドブックを発行しています~

讀賣新聞の教育欄の「教育ルネサンス №1220」に、名古屋市千種区の城山中学校の取り組みを紹介しています。
城山中学校では、「ありのままの学校」を見てもらいたいと言う事で、毎年教員と保護者が連携して、「城中NAVI」というガイドブックを発行しています。

発行が始まったのは2005年からで、「新しい学校づくりには情報の共有が大切」と、教員が提案して実現しました。A4判75ページで、生徒会の仕組み、学校運営予算、学校評価の結果などから各教科の目標、通知表の見方まで学校の情報を満載し、全生徒の家庭に配っています。

地域全体で学校の事を理解し協力し合う事で、より良い教育環境をつくっていく事が出来ると思います。
名古屋市の家庭教師、デスクスタイルのアイルも応援しています!