天白区の中学生がNHK名古屋放送センターのエスカレータで転倒事故

~天白区の南天白中学校の1年生8人がNHK名古屋放送センター見学中に転倒事故~

天白区の南天白中学校の1年生(40人)と引率の教員2名が1月14日の午後2時ごろ校外学習で名古屋市東区のNHK名古屋放送センターを見学中に、エスカレーターで1階から2階に上る途中で、8人が次々と転倒しました。

エスカレーターで男子生徒一人が手すりにつかまりながら体を後ろの生徒にもたれて遊んでいたところ、重さを支えきれなくなってバランスを崩し後ろに転倒し、その後、後続の生徒が次々にドミノ倒しになりました。数人が重なるように倒れ、男女の生徒8人が足などに軽いけがをしました。

このニュースはテレビでも取り上げられていました。大きな怪我にならなくてよかったですね。 校外学習で教室から出ると少しはしゃぎたくなってしまう中学生の気持ちはよく分かります。(はしゃぎすぎはよくありませんが・・・) 子どもにはそれぞれ個性、気質がありますが、勉強も生徒の気質が分かっていると指導の仕方も分かります!アイルでは教育心理のカウンセリングにも取り組んでいます。
興味のある方はこちらをご覧下さい→個性と教育の方針