青少年読書感想文名古屋市コンクールの入賞者決まる。

~8万を超える応募のなかから読書感想文の入賞者が決定した~

第55回、青少年読書感想文名古屋市コンクールの入賞者が決定しました。応募の総数は小学校・中学校合わせて8万6160点で、その中から最優秀賞は6点、優秀賞は12点、優良賞は130点が選ばれ、最優秀賞をはじめ8点が中央審査会へ出品されます。

読書感想文は本をじっくり読んだり、読者の意図を考えたりするいい機会です。
学校から、読書感想文の課題が出たときだけでなく、普段から本を読んだときに内容について考察する癖をつけていくといいですね。国語が苦手な子は本を読めといいますが、実際にはどうなのでしょう?
国語が苦手な子は国語の勉強法を学んでおくことも点数アップのポイントになりますよ!
国語の勉強法