緑区の小学校の先生が朝日新聞の夕刊で紹介された

~朝日新聞の夕刊『花まる先生 公開授業』にて、緑区の南陵小学校の教師、高橋健さんが紹介された~

緑区の小学校の高橋健先生が朝日新聞の夕刊『花丸先生 公開授業』で紹介されました。

紹介された授業は「平行四辺形の面積を、いろいろな方法で求めよう」というテーマの算数の授業です。このテーマに対して3通りの解き方が披露され、さまざまな解き方のメリットを比較するために高橋先生が作ったノート「よさノート」が登場した。このノートの狙いは人の解き方のよさに注目することが出来て、算数は答えは一つでもそれを出すために様々な方法で解くことができるという面白さに気づく事が出来ることです。

アイルで教えている生徒にも数学が苦手という生徒は多いですが、数学の面白さに気づけるとちょっと楽しくなりますよね。
ちなみに、アイルでは無料の体験授業で勉強のやり方やコツのつかみ方などアイルの指導の方針を見ていただいています。興味のある方は是非一度家庭教師のアイルまでお問い合わせください。