岡崎市の中2暴行事件【愛知】

~以前から嫌がらせ、校長ら陳謝~

愛知県岡崎市の市立中学校で2年生の男子生徒(14)が同校の生徒から暴行を受け、3年生男子(15)ら3人が逮捕された傷害事件を受け、同校では今月21日夜、全校生徒の保護者約420人を対象にした保護者説明会が開かれ、保護者から被害生徒が以前から嫌がらせを受けていたことが指摘された。

 参加した保護者によると、校長と生徒指導担当の教員が事件の状況を説明。「状況からみていじめだった。今回の様な事態が起こってしまい申し訳ありません」などと陳謝した。
保護者からは、被害に遭った男子生徒について「以前から『気持ち悪い』などと言われていたことは知っていたのか」などと質問され、校長らは「昨年11月ごろから嫌がらせを把握していたが、いじめとの認識はなかった」などと釈明したという。

 説明会の後、1年の男子生徒を持つ母親は「教師が生徒を見守る範囲にも限界があるが、ぜひ再発防止を図ってほしい」と訴えた。
 校長は「心配する親の気持ちが伝わってきた。
今後、PTA役員会を開き、学校・家庭・地域で何ができるかを協議して保護者に知らせていきたい」と話した。