市岐阜商移管問題【岐阜】

~教育委員会が市岐阜商生徒向け説明会行う~

 

学校法人・立命館が岐阜市立岐阜商業高(市岐阜商)の立命館への移管を提案している問題で、市教育委員会は先月の28日、同校で生徒向けに説明会を開催し、市教委が廃止の方針に至った経緯や理由、現在の市議会の状況などを説明した。

生徒たちは真剣な表情で説明を聞き、質疑では「なぜ人気校を廃止しなければならないのか」、「廃止方針を撤回してほしい」といった意見等を投げかけた。

 

安藤教育長は、「廃止の方針は打ち出したが、本当に市岐阜商を廃止するか、廃止した後どうなるかはまだ決まっていない。存廃の決定は市議会が行う」と説明、市教委が廃止方針を決めた理由については、「限られた教育予算を、市が設置者として責任をもつ義務教育に集中させなければならない」とした。

 

その後、質疑応答が行われ、生徒たちは相次いで「なぜもっと早く僕たちに対する説明の場を設けてくれなかったのか」、「立命館が受け皿にならなくても、市岐阜商は廃止する予定だったのか」と質問。これに対し、安藤教育長は「生徒たちを混乱させたくなかった」「立命館に譲るために市岐阜商の廃止を決めたわけではない」と回答した。

 

また、生徒からは「廃止は決まっていないというが、廃止したらどうなるという話が多い。まだ納得できないので、もっと市民の意見を聞いてからもう一度説明してほしい」との要望も出ました。安藤教育長は「自分の学校を誇りに思うのは貴いことだが、この問題は、皆さんの気持ちだけでは解決されない」と話した。