08年度、前期選抜入試志願状況【三重】

~教育委員会が県立高校志願状況発表~

 県教育委員会は今月1日、県立高校における08年度前期選抜入試の志願状況を発表した。
 前期選抜は、07年度までの推薦と特色化選抜、自己選択選抜を統合して設けた選抜方法で、全日制では、07年度まで推薦入試などを行っていなかった四日市西、津東、宇治山田、尾鷲、木本の5校8学科・コースが加わり、計51校121学科・コースで実施される予定。
募集定員は4003人で、志願者は7942人と倍率は1.98倍だった。
定時制も、みえ夢学園普通科(夜間部)が加わって5校11学科で実施され、定員196人に対し、202人(同1.03倍)が志願した。
 中途退学者らを対象にした特別選抜は、全日制ではあけぼの学園総合学科で4人を募集したが志願者はなかった。定時制では3校8学科で実施され、定員44人に対し、37人(同0.84倍)が志願した。
 定員を設けていない連携型中高一環教育選抜は、尾鷲高校長島校が募集を停止したため、募集校は全日制の3校4学科に減り、志願者は105人となっている。
 2月7、8日に面接や作文などの試験が行われ、14日に各高校から受験者の在籍する中学校に対し、合格内定者を通知する予定となっている。