来年度高校入試、全日制63校などで実施【岐阜】

~08年度公立高校入試概要発表~

 県教育委員会は先月31日、08年度の公立高校入試の実施概要と特色化選抜にあたっての各校の「求める生徒像」を発表した。
前年度から観点別分割募集や特色化選抜学力検査を県統一問題で実施している。
 08年度の公立高校入試は、前年度と同じく全日制が県立61校と市立2校の計63校(166学科・コース)で、定時制は県立9校と市立2校の計11校(16学科・部)、通信制は県立2校(2学科)で実施される。
今回から岐阜工業高が環境建設科と生活化学科の募集をやめ、建設工学科と化学技術科を設置。
大垣工業高は工業化学科の募集をやめて化学技術科を設ける。
 入学定員に対する特色化選抜の募集人員の割合は、普通科・理数科・英語科のある38校が20%、総合学科・職業学科などのある36校が50%。観点別分割募集では、全日制の8校16学科で募集人員を分割、区分して募集する。
分割、区分はしないが7校18学科が傾斜配点などで多面的に評価する。面接は65校、小論文は29 校、実技検査は8校、自己表現は11校で行う。
一般選抜の学力検査で重視する教科に傾斜配点する学校は前年度と同じ延べ12校となっている。
 08年度の特色化選抜は全日制、定時制とも出願は2008年2月6~8日、検査は2月14日、結果は21日午前10時以降に各中学校長を通じて本人に通知する。
一般選抜の出願は2月27日~3月4日、出願先の変更は3月5~7日、学力検査は同13日、合格発表は同19日。定時制は3月21日に出願、同25日面接、検査など、同27日に合格発表がある。