県立高校入試最終倍率発表【三重】

~全日制1.15倍、定時制0.52倍と発表~

県教育委員会は8日、07年度県立高校一般入試の最終志願状況を発表した。全日制は、募集定員9188人に対し、志願者数は1万581人で、倍率は昨年度と同じ1.15倍。
定時制は定員643人に対し、335人が出願し、倍率は0.52倍(昨年度比0.04ポイント減)となった。
 全日制で倍率が高かったのは、①桑名工1.49倍②津東1.47倍③いなべ総合学園1.46倍④四日市南1.45倍⑤四日市農芸1.44倍の順。
 学科・コース別では①神戸・理数3.61倍②四日市南・数理科学コース2.65倍③四日市・国際科学コース2.58倍④津西・国際科学2.45倍⑤四日市西・数理情報コース2.40倍の順だった。
 土木科が改編された四日市中央工業の都市工学は1.36倍となっている。
 募集定員に満たなかった高校は、昨年度より6校多い20校で、学科・コースは28校の40学科・コースに上っている。
 学力検査は13日に行われ、20日に合格発表がある。