推薦入学競争率発表【三重】

~推薦入学・特色化選抜の志願状況~

三重県教育委員会は2007年度の県立高校の推薦入学や特色化選抜などの志願状況を発表した。
 全日制の推薦入学は、定員3261人に対し、4559人が志願。競争率は06年度と同じ1.4倍となった。定時制は定員172人に対し、163人が志願した。
各学校の特色に合わせ、面接や小論文、2教科以内の学力検査などを選んで実施される特色化選抜は、全日制の14校18学科コースが実施。
定員736人に対して1088人が志願し、競争率は06年度より0.11ポイント低い1.48倍となった。
 国語、数学、英語、美術実技、体育実技の5科目から受験生が1科目を選ぶ自己選択選抜は、いなべ総合学園が実施。定員96人に対し335人が志願した。
高校中退者などが対象の特別選抜には、全日制と定時制で定員52人に対し30人が志願。
募集定員が定められていない連携型中高一貫教育の選抜には、111人が志願した。