犬山市「全国学力テスト、参加すべきでない」【愛知】

~犬山市教育委員会が全国学力テスト不参加表明~

犬山市教育委員会は今月19日開会の定例教育委員会で、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)に関する文部科学省の調査に対し、「犬山の教育理念に合わず、実施すべきでない。」と回答したことを明らかにした。
改めて「テスト不参加」の態度を表明したものといえる。 回答について、同市教育委員会は「テストは教育の場に競争原理を導入し、豊かな人間関係をはぐくむ土壌をなくし、子供同士や学校間、地域間に格差を生む。」とするこれまでの協議の結果に基づいたと説明した。
 この日は、2月中旬から小中学校で開く保護者説明会で使うQ&A集についても討議。
テストに対して「犬山の教育づくりにとって無益どころか有害」などと批判する従来の主張を盛り込んだ案が了承された。