司法書士になる為には

司法書士とは
個人、会社に代わり、不動産・商業登記、供託(法令に従って財産を預ける事)の手続きを行い、裁判所や法務局などに提出する書類を作成する仕事です。依頼主に対して財産や訴訟に関する相談役を引き受ける仕事。資格取得後、①企業の法務関係部署で活躍②司法書士事務所で実務経験を積んだ後、独立・開業の2パターンに分かれます。

高校

大学(法学系学部)、専門学校

司法書士国家試験

合格率はわずか2~3%

司法書士へ