気象予報士になる為には

気象予報士とは・・・
気象庁から提供される数値予報結果や、ひまわりレーダー、アメダスなどの観測データなどをもとに、天気の予想を行う仕事。最近ではテレビの予報番組でもアナウンサーではなく、気象予報士が出演して天気の解説をするなど認知度も上がってきている。

高校

気象大学(4年制)

       

気象庁の幹部職員を養成(千葉)

気象庁

       

大学(講習会・講座)

       

難関の実技試験対策を受講

気象予報士国家試験

       

年2回実施。年齢、学歴不問。合格率10%前後

気象予報士への第一歩