検察官になる為には

検察官とは・・・
殺人や汚職などの刑事事件が起こった時に捜査活動を行い、被疑者を起訴するかどうかを決める仕事。起訴した場合にはまず、裁判所で冒頭陳述を行い、次に公判の場で、証拠を示しながら被告人側の弁護士と論争を繰り広げ、被告人の罪がどの程度の刑罰にあたるかを示して、裁判官に求刑する仕事。

高校

大学(法学部)

一般教養科目の単位を修得すれば、1次は免除

短大・専門学校

    

司法試験1次

    

司法試験2次

合格率3%前後。短答式試験→論述式試験→口述式試験の3段階で、各段階で合否が判定される

司法修習(2年間)

裁判所、検察庁、弁護士会で司法修習生として学ぶ

2回試験

司法修習の修了試験。試験と司法修習の成績で合否が判定される

検察官

正確には「2級検察官→1級検察官2級検察官を8年以上経験すれば1級検察官となれる

検察官へ