高校の説明会

da-421026.jpg

志望高校を決める上で是非参考にしてもらいたいのが高校説明会です。

実施時期は大体7月~11月の間で、資料やホームページだけでは分からない学校の雰囲気や、参加して初めて分かる情報などがたくさんあるので、興味がある高校の説明会の日程を調べて積極的に参加することをおススメします。

高校説明会の種類

高校説明会と一言でいっても種類は様々です。在校生が校舎を案内してくれたり、授業風景を実際に見たりすることのできる形式や体育館やホールなどで行われる講義形式のものなど学校によってカラーがあります。
「想像していたものと違った」とならないように事前に調べておきましょう。

高校説明会に行くには?

一番確実な方法は中学校の先生に聞くことです。
というのも、説明会には個人で参加するものと団体(学校単位)で参加するものがあるからです。自分で説明会の日程を調べた後に、中学校でその説明会に参加するということが分かったら調べた時間がもったいないですよね。なので、まずは自分の志望している高校の説明会に中学校として参加するかどうかを先生に確認してみましょう。

個人で参加する場合は、各高校のホームページか都道府県ごとの教育委員会のホームページに実施予定が載っているので参考にしてみて下さい。

高校説明会で見るべき点

せっかく高校説明会に参加したのに、ただ何となく終わってしまってはもったいないですよね。そこでここでは高校説明会に参加した際に注意してみるポイントを紹介したいと思います。

1.交通アクセス

自宅から通う場合の交通手段、電車、バスの本数、時刻表、駅から高校までの距離などは調べておいた方が良さそうです。

2.部活動

自分の興味のある部活の練習の雰囲気やどれくらい力を入れて練習しているかを見るのにいい機会です。

3.学校行事

文化祭や体育祭などの学校行事は生徒にとって一大イベントですよね。在校生や先生にどんな雰囲気で行われているかを直接聞いてみるのも良いでしょう。

4.カリキュラム

学年が上がっていくにつれて、文系・理系、国公立・私立などのコース選択をする学校が多いです。進路を決めるうえで重要になってくるので詳しく知っておいた方がいいでしょう。また在校生に宿題の量などを聞いてみてもいいかもしれませんね。

5.卒業後の進路
da-421025.jpg

大学や専門学校への進学率、合格者数などの実績は気になるところ。当日、パンフレットには載ってなかった資料をもらえることもあるので要チェック!

6.在校生の様子

やはりその学校の様子を知るのには在校生を見るのが一番です。パンフレットにはどの学校も理想的な教育方針を載せていますが、在校生を見ることで校則の厳しさ、先生と生徒の関係、教育方針など生の情報を得ることができます。