評価対象は9教科

内申点がつくのは主要五教科だけではありません。実技四教科も評価の対象になります。
また五段階評価の成績に2をかけた物が最終的に内申書に記載されます。
(9教科×5段階×2=最高90点)。

成績の決定方法

主要5教科(英・数・国・理・社)
7割前後が中間・期末のテストで決定され、残り3割が提出物や授業態度で決定されます。

実技4教科(音・美・保体・技家)
中間・期末テストで約4割程度、残りは普段からの授業態度で評価されます。

4教科の成績についてアドバイス

能教科は人によって必ず得意、不得意が出てくる教科です。ですから、「私は運動神経がないから体育は2でも仕方ないと」思っている子もいるのではないでしょうか?
しかし、前記したように、高校の合否には技能4教科の評定もかかわってきます。
第一志望校合格の為にも、必ず最低限の対策はとっておきましょう。

ポイントとしては…

  1. 授業を欠席しないこと
  2. 授業に対して一生懸命に取り組むこと
  3. 提出物を期日に出すこと
  4. 下手でも一生懸命やること
  5. 音楽の歌のテストは大きな声で歌う、足が遅くても頑張って走る

などは徹底しておきましょう。
決して苦手だからといって投げやりになり、笑いながら走ったり、適当に作品を作って出したりなどはしないようにしてください!先生はちゃんと見ていますよ。


~まとめ~ 絶対評価 調査書点 3年:9教科×5段階×2倍=90点 合計=180点満点