教育心理カウンセリングによる子どもの個性に合わせた指導とやる気の育成

「何で塾に通っているのに点数が上がらないの…?」
「家庭教師をやっても、成績が変わらないのは何で…?」

塾・家庭教師を頼んだ経験のあるお母さん方は同じ思いをしたことがあるのではないでしょうか。
成績を上げるために始めたはずの塾・家庭教師だったのに、いつの間にかただ通っているだけになってしまい、成績はほぼ変わらない…とお悩みのお母さん方は少なくありません。

お子さんに聞いても、「塾ではちゃんと勉強しているよ!」「家庭教師の先生は分かりやすく教えてくれるよ!」と答えるので、成績が伸びない原因も分からない…
だからといってこのままズルズルいってしまうわけにもいきませんよね。

ただ、ご安心下さい!
デスクスタイルでは今まで活動してきた中で、成績が伸びない原因がはっきりと見出しました!

何故ちゃんと勉強しているのに成果が出ないのか?

それは……
家庭学習の習慣がついていないからなんです。

塾・家庭教師をやっていてもその場限りの勉強になってしまい、一人の時に何も勉強できなくなってしまっている子は本当に多いです。
どれだけ塾・家庭教師で頑張って勉強しても、その復習ができていないとせっかく覚えたことも忘れてしまいますよね。だからデスクスタイルでは先生がいる時の勉強だけでなく、家庭学習の習慣づけにも力を入れて指導を行っているのです。

「そうは言ってもうちの子本当にやるかしら…」
「今までも散々言ってきたけど、全然やってこなかったし…」

確かに不安になりますよね。
ただ、ご安心下さい!
私たちデスクスタイルにはそんなお子さんにも家庭学習の習慣をつけてきた実績があります!

何故そんなことができるのか?
それは2つのポイントを抑えて指導しているからなのです。

家庭学習の習慣をつける2つのポイント

①分かりやすく細かい指示

「勉強」と一言でいっても、生徒からしたら何をしていいか分からない場合があります。
学校によっては宿題がほとんどでず、家ではやることがないという生徒も少なくありません。だから私たちデスクスタイルは生徒一人一人に合わせた宿題のスケジュール表を作成し、「火曜日はここの問題解いて、木曜日はこのポイントを~」というように日割りで細かい指示を出すようにしているのです。
「どこをやればいいか教えてくれるから分かりやすい!」と生徒たちからも好評です!

②生徒がやれる範囲の時間・量

どれだけ分かりやすく指示を受けていたとしても、それがお子さんができる量を超えていたらどうでしょう??例えば今まで全く勉強してこなかった子に対して、毎日2時間かかる量の勉強を押し付けても、おそらくできませんよね。最初の何日かは頑張ってやったとしても続かないのは目にみえています。
だからデスクスタイルではまず「生徒ができる時間・量」から始めていくようにしているのです。 それが「15分なら何とか…」という生徒もいれば、「1時間以上はできる」という生徒もいます。まずはその生徒ができる量から始めて、慣れてきてから少しずつ時間を伸ばしていくようにしているのです。

「もっとたくさんやらなきゃいけないのかと思っていた!」
「これならうちの子でも始められそうだわ。」

とご家庭からも嬉しい言葉を頂いています!
デスクスタイルではこの2つのポイントをおさえたうえで指導するようにしているのです。

今まで何をやってもうまくいかなかったという方、デスクスタイルに任せてみませんか??
私たちならきっと期待に応えることができますよ!

デスクスタイルが選ばれる残り2つの理由はコチラ