1.勉強のやり方からつかませる指導

「うちの子本当に勉強やる気ないのよね…」
「どうやったら自分から勉強するようになってくれるのかしら…」

私たちがお母さん方から相談を受けるお悩みの一つです。
確かに勉強のやる気を起こすのって簡単ではありませんよね。
「やる気が起こるのを待とう」なんて思っていて、どんどん学年が進んでしまい気づいた時には手遅れだった…なんてことになっても困ります。

ただ、勉強のやる気って一体どうやったら「ある」「ない」が分かるのでしょう?
例えば毎日60分勉強している子がやる気のある子になり、毎日30分勉強している子がやる気のない子になるのかというと、そうではありませんよね。
「友達の○○くんはあんなに頑張っているのに、うちの子は…」と比較をしてもあまり意味はないのです。

そして「勉強のやる気がない」と言われている子でも、ちゃんと向き合って話を聞いてあげると、
「どうせテストを受けなきゃいけないなら、少しでもいい点数をとりたい」
「勉強は嫌いだけど、やらなきゃいけないのは分かっている」

と心の底では思っていることがほとんどです。
ただ、その気持ちを持っていても実際に行動に移しているのかと言われると、勉強できていないのが現実…。

「気持ちはあっても、勉強できていない」

もしかしたら、これを読んでいるお母さん方のお子さんにも当てはまる部分があるのではないでしょうか。
私たちが今まで多くの子たちに接してきた中で、こういった子に共通していることが一つあります。 それは「勉強のやり方」が分かってないということです。

やり方が分かってない子にただ「勉強やりなさい!」と言っても、「どうやって?」「何を勉強すればいいの?」「どこまで戻って復習したらいいの?」と困惑してしまいます。

だからアイルでは分からないところを分かりやすく教えるだけではなく、「勉強ってこうやってやるんだよ」というように「勉強のやり方」「取り組み方」から教えるようにしているのです。

正しいやり方さえつかんでしまえば、無駄な勉強をする必要がなくなるので勉強がラクになります。ラクになれば、自分から机に向かえるようになり効率的な勉強ができるので当然点数だって上がります。点数があがれば誰だって嬉しいですよね?
「僕も、私だってやればできるんだ!」と自信にも繋がり、「もう一問解いてみようかな」とやる気も起きてきます。

アイルではこの好循環をつくる為に、最初の段階であるやり方をつかませることに特に力を入れているのです。
実際にやり方をつかんだアイルの生徒がどんな風に変わっていったのか、生の声をお聞きください!!生徒からのインタビューはコチラ

アイルが選ばれる残り2つの理由はコチラ